福岡公文書館ブログ

CALENDAR

  • 2021年8月
    « 7月   9月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • 日: 2021年8月3日

    2021年8月3日

    企画展 はじまりました!

    令和3年度第1回企画展「福岡県政150年 第2部アジアのなかの福岡へ」

    8月3日(火)から始まりました。

    昨年度は、新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、夏・冬の企画展を見送ったため、

    夏季としては2年ぶりの企画展開催ということになります。

    今回のテーマは、ずばり「福岡県政」です。

    というのも、今年は明治の廃藩置県から数えて150年目に当たるので、

    福岡県の150年をふり返ろう、というのが企画展のテーマです。

    とはいっても、150年の間にはたくさんの出来事があり、

    とてもとても当館の展示室にはおさめきれません。

    そこで今回は、九州歴史資料館と共に、2部構成で開催することになりました。

    明治から太平洋戦争終了直後(公選知事誕生まで)を九州歴史資料館が、

    終戦後(公選知事誕生から)から現在までを福岡共同公文書館が、

    それぞれ展示をいたします。

    2館通してご覧いただくと、福岡県政150年の流れがよくわかると思いますので、

    ぜひ合わせてご観覧ください。

    (左が九州歴史資料館、右が福岡共同公文書館の展示ポスター)

     

    さて。

    福岡共同公文書館で開催する「福岡県政150年~第2部アジアのなかの福岡へ~」について

    少しご紹介させてください。

    「県政」と聞くと、ちょっとわかりにくそう、とか、

    身近なテーマじゃないから、興味が持てない、

    と思われる方もいらっしゃるのではないかな、と思います。

    でも、私たちの暮らしの困ったことや、もう少しこうなるといいのにな、

    ということを解決していくのが行政の役割なので、暮らしに密着したテーマがたくさんあります。

    「災害」「雇用」「交通」「環境」「教育」などなど。

    (山陽新幹線博多延伸に関する展示)

    (農産物のブランド化やスペースワールド、ネイブルランド建設計画に関する展示)

    (新旧 県庁舎に関する展示)

     

    終戦後から今日までの75年、県内ではどのような問題が起こり、

    福岡県や関係市町村はどのようにそれに対応していったのか、

    未来にどのような目標をたてて進んできたのか、を知っていただくのが今回の企画展です。

    「あのダムってどうして作られたの?」

    「地下鉄っていつ開通したの?」

    「福岡っていつごろから人口が増えたの?」

    そうした「?」にちょっとでも答えが見つかったら、うれしいです。

     

    また、エントランスでは、

    県と県内市町村の役場や町の風景の「いま」と「昔」をふり返る写真展

    「なつかしの写真展~あの日のふくおか~」を開催しています。

    市町村へ呼びかけをして、寄せていただいた写真たちを、市町村ごとに展示しています。

    現在住んでいる町、学生時代に住んでいた町、親せきやお友達が住んでいる町、

    そんな町の懐かしい風景を見に来ませんか?

    (県・市町村の「役場」が一堂に会しています!いろんなデザインがあって楽しいです)

     

    企画展、写真展は、8月3日(火)~9月26日(日)まで開催中です。

     

    コロナ禍ではございますが、福岡共同公文書館では、感染防止対策に力を入れ、

    皆様のご来館をお待ちしております!

     

     

    
    

     

     

     

     

    福岡共同公文書館
    所在地 〒818-0041 福岡県筑紫野市上古賀1-3-1 アクセスマップはこちら 電話 092-919-6166 FAX 092-919-6168 E-Mail kobunsyokan@pref.fukuoka.lg.jp
    COPYRIGHT © 2012 福岡共同公文書館. ALL RIGHTS RESERVED.
    このサイト内に掲載されている画像、文章等を許可なく複製・転載することを禁止します。